銀行カードローンの収入証明の必要性について

銀行カードローンは収入証明が不要?


これはケースバイケースです。消費者金融の場合は、50万円以上、あるいは他社と合わせて100万円を超える場合は、収入証明の提出が義務付けられていますが、それ以外の場合、および銀行のカードローンは、提出は義務ではありません。提出が義務ではないのは、法的な記述であり、銀行側が提出してくださいといわれれば提出しなければいけません。提出の義務はない=提出は不要ではないのです。

実際のところはどうなのか


収入証明の提出が義務ではないといっても、すべてのカードローンにいらないということではありません。銀行側でもある一定額以上のカードローンには収入証明の提出を求めています。銀行によってその額には差があるようですが、300万円以上の融資の場合には、収入証明を必要としているところが多いようです。

これを消費者金融と比べてみれば、消費者金融は50万円以上で収入証明の提出が義務付けられているのと比較すればゆるく感じます。

しかし。収入証明が必要ないとはいっても、返済がなされなければ意味がないわけで、一般的にいわれるように銀行の審査が厳しいのは事実です。「本人の収入」だけでなく、家族構成や職業、安定性、不動産や資産の有無などさまざまな見地から査定されると思ってください。

収入以外の返済に関わる要素


消費者金融の場合「収入証明」を重視するのは、逆にいうとその人のバックグラウンドをあまり(あえて)見ないという意味もあると思います。いろいろな理由でお金が必要な人に、その理由や背景を聞かずに単純いに「返してくれるかどうか」で判断をするのです。
一方で銀行の場合は、社会的な信用なども考慮した審査が行われます。収入はあるけれどもよくわからない仕事よりも、収入は低いけれども安定している仕事の人が有利になる場合もあります。また、収入は少なくても、金融資産や不動産をたくさん有している人は、それによって最悪返済が可能なので、収入証明以上に考慮されることもあります。

消費者金融は「収入力」、銀行は「総合力」で判断されると考えるとイメージしやすいのではないでしょうか。