銀行カードローンの審査について

銀行カードローンの審査は厳しい?


一般的に銀行のカードローンの審査は消費者金融のものと比べて厳しいといわれています。事実その通りで、明らかに消費者金融のほうが融資の審査のほうが通りやすいです(甘いということではありません)。しかし、「総量規制」などを考えると、消費者金融の審査では機械的にはねられるものも、銀行のカードローンでは通ったりします。規制がないことで、機械的ではない対応も可能なのが銀行のカードローンのよさです。

銀行カードローンの審査はやはり厳しい


銀行のカードローンは金利が消費者金融のそれと比べてかなり低く設定されています。それだけリスクを取らないということですので、融資が可能かどうかのラインは高くなっています。本人確認や収入の証明などのほかに、過去の信用情報なども厳密に調べて、何かあればまず通りません。

消費者金融の場合も過去の信用情報については確認しますが、事故を起こしてからある程度時間が経っていると、信用が回復したとみなされ、融資の審査が通る場合があるようです(自己破産したなどの場合はまず無理ですが)。

また、審査に時間を要するのもそれだけさまざまな観点からその人に返済能力があるかどうかを確認するため、即日の融資実行などにはなりません。

それだけ、じっくりと審査を行うことで低利で安心な貸付を行うことができるのです。

消費者金融で通らないケースについて


消費者金融で審査に通らなければ、それよりも厳しい銀行のカードローンでは通るはずがないと思われがちですが、実はこちらで審査をパスする場合もあります。まず、総量規制の関係で、年収の3分の1以上の借り入れは、法的に消費者金融では絶対にできません。そのようなケースの場合でも、その人が返済できると銀行が判断した場合は、審査が通る可能性があります(必ずではありません。共働き公務員夫婦など収入が極めて安定していることが条件になるでしょう)。

また、消費者金融の場合、多数の会社から少しずつ借りている場合、新規の借り入れを敬遠する傾向になります(浪費癖があると思われてしまいます)。しかし、銀行の場合は、小口融資に積極的ということもあり、10万円程度の借り入れならばむしろ歓迎されることもあるようです。

基本的に銀行の審査は厳しいのですが、一部「抜け穴」的に緩いところもあるようです。