銀行カードローンの専業主婦の利用について

銀行カードローンは専業主婦でも利用できる?


銀行のカードローンを専業主婦が借りることができるのかということですが、消費者金融と異なり、働いていなくて収入がまったくない場合でも借りることができる場合があります。これが銀行のカードローンの大きなメリットになっています。

なぜ銀行では専業主婦でもカードローンが可能なのか


消費者金融では専業主婦の人はます借り入れを受けることができません。これは「貸金業法」による「総量規制」で消費者金融での借り入れは「年収の3分の1まで」という規定があるからなのです。専業主婦は年収がないわけですから(0の3分の1も0ですよね)、借り入れを受けることができないのです。

一部消費者金融では、夫の年収証明や身分証明を添えて可能とするところもあるようですが、実際はリスクもあり、手続きも煩雑なため行っていない、あるいはお断りしているところが多いのが実情です。

しかし、銀行はその総量規制の対象外ですので、法的には貸し付けを行うことが可能です。そのため、専業主婦向けのカードローンを設けているところもあります。専業主婦の人によっては消費者金融よりも借り入れのハードルは低いといえます。

ただし、借入可能額は非常に低いということを認識してください


専業主婦の人の場合、申し込みの際はやはり夫の年収証明などを添付するところが多いです。やなりどこの誰なのかわからない人には貸せないというのが本当のところでしょうが、一部銀行には本人の身分証明だけでOKのところもあるようです。最低でも自分が誰なのかを証明するものは必要になると考えてください。

肝心の借入可能額ですが、10万円〜30万円と非常に少額であることを理解してください。やはり収入がない人の貸すのですから限界があります。総量規制関係なく、これは銀行側の判断になります。それでもよい、という専業主婦の方は、少額でも融資可能な、銀行のカードローンに申し込むとよいかと思います。

少しでもご自身の希望する資金使途に役に立てていただければと思います。