銀行カードローンの住宅ローンへの影響について

銀行カードローンの利用は住宅ローンに影響する?


実は大いに影響します。カードローンを利用している場合は、同時に住宅ローンを利用することはかなり難しくなってしまうと理解してください。住宅ローンを利用したい場合は、カードローンを解約、ないし残金をゼロにする必要があります。

銀行カードローンが住宅ローンにどのような影響を与えるのか


銀行のカーローンを受けている→住宅ローンの審査が否決になる

ではなく

住宅ローンを借りるためには、銀行のカードローンの解約が条件になる

と考えてください。持っていたことがあってもそれだけで住宅ローンが借りられないということではありません。住宅ローンの「必要書類」に「カードローンがないこと」があると考えるとわかりやすいと思います。

現在進行形でカードローンがある場合、その解約証明書が必要になります。当然、カードローンのほうは全部返済して残金をゼロにしなければなりません。それが難しい場合は、そもそも住宅ローンを借りられないと思ってください。

これは複数の異なるローンを抱えることで、ともに貸倒れてしまうリスクを銀行が嫌うからなのです。

過去にカードローンを借りていて、今はない場合は問題ありませんが、一度もカードローンを使ったことがない人(履歴がない)に比べると、審査の際は若干不利になるようです。不条理かもしれませんが、このような運用を現に銀行が行っている以上、受け入れるしかありません。

消費者金融の履歴のほうがより不利


消費者金融からの借り入れ履歴や現在借り入れを受けている人は、より審査が不利になる傾向があります。これは、よりリスクの高い消費者金融から借り入れを受けていることで、住宅ローンという長期にわたる高額の返済が可能なのかどうか、その人の適格性に銀行が疑問符をつけてしまうためです。

既に借りている場合は、どうしようもありませんので、なるべく借り入れを整理して正直に理由を話すほうがいいと思います。信用情報紹介をすればわかってしまうことなので、嘘をついても仕方がありません。

住宅ローンを利用と考えている場合はむやみに消費者金融を利用しないという意識が必要です。