銀行カードローンの限度額について

銀行カードローンの限度額は年収に対してどれくらい?


銀行のカードローンの場合、消費者金融からの借り入れと異なり、年収の3分の1までという「総量規制」がありませんので、それ以上の融資を受けることが可能です。しかし、総量規制がないことと「誰でもいくらでもお金を借りられること」は別のことであると考えてください。やはり返済能力を考慮して融資額が決定されます。

総量規制以上の融資の可能性


消費者金融からの借り入れを受ける場合は、貸金業法で定められた「総量規制」によってどんな人でも上限は「年収の3分の1」までです。上限額は絶対値ではないので、収入が多い人は相対的に借入可能額は高くなりますが、どれだけ多く収入があってもその限界は年収の3分の1なのです。これは法律で決まっているので、これ以上貸すことができないのです。

一方銀行は、貸金業法で定める金融機関ではないので、総量規制の対象外です。従って、法律上は融資額に上限はなく、年収の3分の1までという制限もありません。しかし、そのことが、誰でも無条件に上限なしでお金を融資することができるということにはなりません。返せそうではない人に多額のお金を貸すことは、やはりできないわけで、そこは実際の収入や、どのくらい安定した職業についているのかなど審査が行われます。

実際のところは、審査の目安としては年収の3分の1程度を上限と設定される場合が多いようです。これは消費者金融にならっているというよりも、実際に働いている人が問題なく返済できる金額がこのくらいということです。例えば貯金が特に多いような人の場合はその限りではありません。

カードローンは本当にいくらでも借りられるのか


銀行のカードローンの場合、年収の3分の1という条件はありませんが、そもそものカードローンの限度額は800万円〜1000万円というところが多いようです。それ以上借りたい場合は、富裕層向けの別口融資メニューになります。カードローンはあくまで、使途に限定されない一時的な小口融資という意味合いがありますので、数億円などは一時的な小口融資とは言えないからです。そのあたりはご理解ください。