銀行カードローンについて

銀行のカードローンとは?


銀行のカードローンとは、通常の借り入れと異なり「目的を限定しない無担保のフリーローン」です。特に住宅を購入するとか、車を購入するとかといった決まった目的は必要なく、融資の限度内で自由にお金を借りて使うことができるものです。また、消費者金融系と違い、融資の限度額が法律で決まっていることもなく、低利で使いやすいローンになっています。

銀行のカードローンの仕組み


通常融資を受ける際は、返済できるかどうかをしっかりと確認したうえで、担保などを設定して万が一返せなかった場合の「借金のカタ」を確保します。それによって、比較的低利で融資を受けることができるのですが、目的は限定されていて、例えば住宅ローンで借りたお金を、車の購入や遊興費に充てたことが判明すれば、融資が打ち切られてしまうなどのデメリットがあります。

目的を限定しているからこそ、ほかに流用されないことから、実際の年収の数倍の融資も可能になっているのです。

一方でカードローンは、基本的に無担保で使い道は自由な借り入れです。旅行に使おうが、ショッピングに使おうがその使い道は個人に委ねられています。ただし、自由に使えるからこそ「あぶく銭」になってしまう可能性もあるわけで、通常のローンに比べれば利率は高めです。

何度でも借り入れ可能な融資枠


カードローンの場合、ほかのローンと違い「限度額」の範囲内であれば何度でもお金を借りることが可能です(住宅ローンなどの場合は一括で借り入れをしてそれを毎月返済していきます)。

例えば、限度額100万円の人の場合、

最初に50万円借りる

20万円返済する(残り30万円)

この段階で、さらに50万円借りることも可能です(合計80万円なので100万円の限度額内です)。

このようにして借り入れをしては返済し、また借り入れをするということが可能で、返済さえしっかりとし続ければ、銀行のほうも融資をつづけてくれます。もちろん、金利も一緒に滞りなく返済が続いていればの話です。

とにかく、返済してくれるという「信用」があればカードローンはお金を、目的に限定されずに借り続けられる優れた制度になっています。

尚、銀行カードローンは社会人向けのサービスになりますので、学生が利用するのはハードルが高い言えます。学生がお金を借りたいなら、学生ローンがおすすめです。

学生ローンについては、以下のサイトを参考にするとよいです。

学生ローンまるわかり - 審査に通過するコツや返済方法、おすすめ業者